霊魂学サーチ霊魂学サーチ[霊魂学とは?]霊的掲示板霊的掲示板

霊的掲示板

【霊的な話題について誰でも書き込める掲示板です】

[はじめにお読みください] [記事検索]    RSS 1.0 RSS 2.0
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
投稿キー (投稿時に 投稿キー をご入力ください)
パスワード (修正・削除ができます。半角英数字で8文字以内)
記事Noパスワード
[76] 自分が霊的存在であるということ 投稿者:たまのこし 投稿日:2010/02/18(Thu) 02:47  

大福徳さん、誠実なメッセージだと感じました。自殺に対する強いお考えを、精神世界、霊的世界、宗教関係といったサイトに送られているのだろうと、勝手ですが、解釈しました。

それぞれ表現の仕方や考え方に違いがあるのは当然ですが、今、未熟なりに私が感じたことを少しだけ書かせて頂きます。

生きることの目的、大切さというのは、正しく死ぬということに繋がっているのではないかと思っています。正しく死ぬというのは、その時が迫った時に、自分の霊的な体、幽体と呼ばれる体がいかに、成長し、輝いているかということに尽きると思います。それはまず、人間は、死後も霊的な存在としてずっとずっと生き続けるということを前提としています。

もちろん、幽体を成長させ、輝かせると一言でいっても、普通の生活をしているだけでは、どれだけ善行を積み、社会的成功を収めたとしても達成できるものではありません。それは、幽体が霊的存在であり、霊的存在は、霊的手段によってしか成長しないからだと理解しています。

自殺だけに限らず、事故死、病死、必ず人は死にます。一般の方にこれだけは伝えたいと感じているのは、人生がどのようなものであっても、長くても短くても、穏やかでも波乱万丈でも、とにかく、死を迎える時には、幽体を輝かせていてほしいということです。

そのための勉強、トレーニング方法をひとりでも多くの方に学んで頂きたいと願って、契山館はずっと活動を続けています。

自分はなぜ生まれたのか、なぜ生きているのか、生きている間に何をしなければいけないのか、自分が霊的存在であることを思い、真剣に考えてみることが必要ではないかと思っています。


[ おすすめサイト水波霊魂学早わかり霊的なトレーニング 1日10分で人生を大きく変える8つの秘訣
霊的情報館 霊をさぐる霊的世界への探求Another WorldOrdinary Man ]

[記事一覧表示]
- LightBoard - / Admin