霊魂学サーチ霊魂学サーチ[霊魂学とは?]霊的掲示板霊的掲示板

霊的掲示板

【霊的な話題について誰でも書き込める掲示板です】

[はじめにお読みください] [記事検索]    RSS 1.0 RSS 2.0
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
投稿キー (投稿時に 投稿キー をご入力ください)
パスワード (修正・削除ができます。半角英数字で8文字以内)
記事Noパスワード
[114] Re:[113] 無題 投稿者:シロタカ 投稿日:2010/06/16(Wed) 00:40  

> そこで、質問なんですけど、契山館に作用している霊魂がレベルが高いのか低いのかどうやって見極めているのですか?

どうでしょうね。

契山館に関わる霊魂団の質については、科学では証明できない世界でもありますので、結局、会を信じていただくしかありません。

ご自身の霊的感性でご判断いただければと思います。

[113] 無題 投稿者:スピリチュアルマン 投稿日:2010/06/15(Tue) 20:12  

皆さん、こんにちは。

日々、契山館の人のブログおよび水波氏の大霊力など読ませてもらっています。

そこで、またまた質問なのですけど、こういう霊的修行をする際や教えを勉強する際はレベルの高い霊魂の助けが必要とあります。
もし、レベルの低い霊魂の作用で霊的修行をしてしまうと、その修行者が勘違いして間違った考えのもとその教えを広めてしまうと。

そこで、質問なんですけど、契山館に作用している霊魂がレベルが高いのか低いのかどうやって見極めているのですか?

霊魂学の内容では低い霊魂は実に巧妙に人に作用するすですね。
その関わりをもった霊魂が高いのか低いのかどうやって、判断しているのでしょうか?

[112] はじめまして 投稿者:スター★ダスト 投稿日:2010/06/09(Wed) 00:52  

おはこさん、皆さん、こんばんは。

>この契山館の修行および教えが本物だ!っと思った時はどんなときでしたか?

おはこさんのようにホームページを読んで直感で感じる・・・というのは凄いのですが、私の場合は、興味はあれど、なかなかすぐに信じるには至りませんでした。
ですが、禊法を行い2,3年たった頃、自分の足を引っ張る過去世の心理(カルマ)がいつの間にか、ふと、軽くなったようなそんな感じが致しました。
その時にはじめて、この道を進んで行こう、と思えました。

スピリチュアルマンさんの以前の書き込みを読むと、幽体強化や霊体強化に興味があるとのことですが、
契山館の修行法は年数をかけてジワジワと浸透するようなものですから、成長度合いが分かりにくく、肉体を鍛える武道の世界とは異なります。
もしも、本物だと思うような確信を得ることがあるならば、修行年数が必要だと思います。

契山館は修行以外にも、会員は、老若男女、様々なタイプの方がいるのですよ。
皆、個性豊かでバラバラですが、そのバラバラの個性が合宿で一つにまとまる瞬間があります。
是非、体験していただければと思います。

入会前はたくさん悩んで決めてください。
スピリチュアルマンさんに、お会いできる日を、心待ちにしています。

[111] スピリチュアルマンさんはじめまして 投稿者:おはこ 投稿日:2010/06/08(Tue) 19:32  

こんばんは。おはこと申します。
こちらの掲示板ではお初です。皆さんよろしくお願い致します。

僕の場合は、ネットサーフィン中に「霊をさぐる」というサイトと出会い、その内容を読んだ瞬間に「これこそ僕がずっと求め続けていたことだ。」と直感で思いました。
衝撃的でした。

http://twitter.com/Syugyousya99


[110] 無題 投稿者:スピリチュアルマン 投稿日:2010/06/08(Tue) 19:05  

皆さん、お久しぶりです。

皆さん、コメントしていただきありがとうございました。
皆さんのコメントを読んでいろいろ考えてこれからの自分に進むべき道を決めたいと思います。

では、最後にまた質問させていただきたいのですけど。

この契山館の修行および教えが本物だ!っと思った時はどんなときでしたか?


[109] 修行 投稿者:あし 投稿日:2010/06/05(Sat) 08:56  

シロタカさん、みなさんこんにちは。
スピリチュアルマンさんの書き込みで思うところがあり、書かせていただくことにしました。

一応最初に申し上げますが、これから述べることは契山館の方針や考え方ではなく、全くの私個人の考えに過ぎません。
ご覧の皆様におかれましては、その点誤解のないようにお願いします。

まずスピリチュアルさんの疑問ですが、会に入りたての頃に私も同様の疑問を持ったことがあります。
おそらく会員のうち同じように思ったことがある方はそんなに少なくないのではないでしょうか。
しかし霊的トレーニングを始めてからはそうした疑問は持たなくなりました。

なぜ、現状がスビリチュアルさんのいうようなものではないのか。

その答えを求め、自分自身で考えることも私は修行のうちだと思っています。

会のサイトの中に「大霊力」という書物を扱ったところがあります。スピリチュアルさんはご覧になったでしょうか。その中に鎮魂
法のことが出てきます。あの部分の記述は少し不思議なところがありますが、なぜそうなのか。なぜあのような記述になるのか。
その意味がわかれば、スピリチュアルさんの疑問も晴れるような気がします。無論、私の勘違いかもしれませんけれども。

会のサイトは今時の人に対しても理解が得られやすいように、やさしく霊魂のことが解説されています。
霊的トレーニングも常人では真似のできないような非常に強靭な精神力を有する方しかできないものなどではなく、一般の方が
家庭においてできるものです。事実、私にでもできるくらいです(笑)。

ですが、霊魂学を学び霊的トレーニングを実習する人はまぎれもなく霊的修行者です。
修行者とはいっても世間一般でいうところの荒行などとは無縁です。しかし一面で厳しくはあります。厳しさの意味が違うのです。
修行者である以上、なんでもかんでも1〜10まで誰かから具体的に教わることなどありえないと私は考えます。
そうすべきではない理由があることと、そもそもそのようにできないことがあると思うからです。

霊的トレーニングというものを考えたときには、そうしたことにも思いをはせていただきたいと思う次第です。
※繰り返しになりますが、これは会の考え方ではなく私個人のものです。

なお、上記についてはすでになされている諸先輩方の書き込み及びその内容を否定するものではないことを最後に申し添えます。

[108] すでに先輩がたが回答されたあとですが 投稿者:たまのこし 投稿日:2010/06/04(Fri) 02:22  

スピリチュアルマンさんの考えておられることは、理性ある人間として当然のことだと思います。私も(理性あるかどうかは?ですが)いろんなことを考えましたし、今でも考えます。実際には、霊的修行を重ねて初めてわかってくるということが多いのだと思います。

霊的世界の仕組みや法則は、色々と勉強できるものではありますが、肉体を持つ今の私たちにはどう頑張っても理解しきれないことです。納得しきれないものです。だからどうしてもそこには、信頼すること、信じるという気持ちが要求されます。その気持ちが生まれるかどうか、それは、個々の選択、自由意志によりますから、誰かが代わってできることではありません。

契山館は、会員の為だけではなく、人類の霊的進歩のために存在している、そして今の時代、この地上になくてはならないものだと思います。

契山館に出会えた自分は、何て運がいいんだろうと思っています。そして、自分がここだと決めた以上、辛いことや、厳しいことがあっても頑張ろうと努力するのは、当然だとも思っています。

霊的修行の道は、何も強要されない分、自分との闘いだと強く感じています。そして、自分がまともな社会人だと思っていても、実は霊的に見ればまだ首も据わらない幼児のようなものだったと気づかされます。だから、いいつけを聞こうと思うのです。同時に他の団体に属したり、むやみに超能力のようなものに手を出したりといったことが、どのような霊的影響をもたらすのか、自分ではちゃんとわからないから、わかる方の言うことを聞こうと素直に思えるのです。

霊的進歩は、人間として生まれた以上、誰であっても目指さなければいけないものだと思います。契山館の目的もそうであると思います。その目的を達成するために、最善とされる方法を、実在する高級霊魂方と地上の師が決定されるのであれば、私は出来る限り従いたいと思うのです。それは、洗脳でも妄信でもなく、生意気ですが、与えられた自由意志のもとに、冷静に下した判断です。

もう読まれたかもしれませんが、神伝禊法入門・第五章にある、「修行者必須の心得」は、私自身、入会の際にその確信を更に深めることができた箇所です。Eruさんが紹介された箇所も含め、読めば読むほど、疑問や不安が解けていくのではないかと思います。

http://reikon.lar.jp/misohon.pdf

[107] 不安 投稿者:Eru 投稿日:2010/06/03(Thu) 21:33  

スピリチュアルマンさんは、入会後、まだ信じていいのかダメなのかがよくわからないうちに、その団体の
教義に縛られてしまい、洗脳に近いことをされるのではないかということに不安に感じているのですよね?

この会は、あれダメ!これダメ!あれシロ!これヤレ!は全くないです。
ただ、霊魂学を学んでいくうちに、「こういうことは霊的にはあまりよくないことなのかも?」と思うと、
自分から自然に遠のいて行くということはよくあります。


もうお読みになったかもしれませんが、下記をご紹介します。

団体 I
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/shinpo2.htm
団体 U
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/shinpo3.htm
契山館に入会すると、どのような生活をするのですか?
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/kz_qa6.htm
修行会員の資格は?
http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/kz_qa10.htm


私も、知り合いの紹介でなければ、絶対1人では入会できませんでした。
それに、入会したものの、最初の半年ぐらいは、まだよくわかりませんでした。

[106] 伝承 投稿者:Walk 投稿日:2010/06/03(Thu) 20:11  

スピリチュアルマンさん、初めまして。Walkと申します。

シロタカさんの仰るように、霊的修行法はいわゆる団体に所属して、師と弟子の関係に於いて初めて流れ得るものです。

それが高度で有れば有るほど微妙で繊細で、例えば大衆化の為にビデオにして販売すれば良いと言うものでも有りません。
スピリチュアルマンさんが為されている武道の世界で言えば、非常に高度な技術、秘伝技とも成れば、一子相伝、門外不出は良く有る事です。

それは決して出し惜しみをしている訳でも無く、大変力が有り危険な技術であるからとも言えます。

確かに、多くの方に神伝の法を知って頂きたいものですが、安易な大衆化ではその程度のものと成ってしまいます。

そういった事はとても慎重を要する事ですし、先ず大切な事から、一つ一つ進めて行くべきかと思います。

是非、スピリチュアルマンさんの霊的感性にて、ご判断頂ければと存じます。

[105] 団体ということ 2 投稿者:シロタカ 投稿日:2010/06/03(Thu) 20:05  

> 勝手な自己判断で様々な修行体系を組み合わせておこなえば、
> 霊的にどんな危険な状態になってしまうのか予測できません。

異なる修行体系には、異なる霊魂団が関与しますので、
質の異なる複数の霊魂からの干渉を受けることにつながります。
その結果、本来の目的を達することが難しくなるばかりか、霊的に危険な状態になる可能性もあります。

[ おすすめサイト水波霊魂学早わかり霊的なトレーニング 1日10分で人生を大きく変える8つの秘訣
霊的情報館 霊をさぐる霊的世界への探求Another WorldOrdinary Man ]

 [ 123456789101112131415161718192021 ]
- LightBoard - / Admin